痩せるだけじゃない!太りにくい体を手に入れる方法

11か月 ago オトコの身体のつくりかた運営事務局 痩せるだけじゃない!太りにくい体を手に入れる方法 はコメントを受け付けていません。

ダイエットで注意しなければいけないのが「リバウンド」です。
せっかく苦労して痩せたのにリバウンドをしてしまうと、まったく意味がありません。太りにくい体になって、リバウンドを防ぎましょう。
今回は太りにくい体を手に入れる方法について紹介します。

太りにくい体とは

人間には運動してなくても体のエネルギーを消費する「基礎代謝」というものがあります。
基礎代謝は心臓などの内臓を動かしたり、体温を維持したりするために使われるエネルギーです。筋肉量が多い人ほど基礎代謝で消費するエネルギー量は多くなります。
食事で得たエネルギーが激しい運動をしなくても消費されるで、筋肉量が多く基礎代謝の高い体は太りにくい体といえます。

基礎代謝を上げる方法

筋肉量の多い人ほど基礎代謝が高いので、筋肉トレーニングをすれば良いということになります。
しかし、忙しい人だと時間がとりにくかったり、あまり運動が得意じゃない人だといきなり筋トレを始めるのはハードルが高いように感じたりします。
そこで、以下のようなポイントを意識していれば、激しい筋肉トレーニングをしなくても筋肉が使われ、基礎代謝が上がっていきます。

有酸素運動

運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があります。
有酸素運動は筋肉への負担は大きくかけない運動で、脂肪を燃焼させる効果が期待できます。
人間の体は運動をするときにエネルギーを使いますが、その時に血液中の糖分が消費され、糖分が少なくなっていくにつれて今度は体内の脂肪が消費されるようになります。
有酸素運動はエネルギーを消費するので、脂肪の燃焼には効果的な運動とされています。

息があまり上がらない程度の運動が有酸素運動に分類され、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどが分類されます。
手軽にできる運動が多いので、運動が苦手な人や忙しい人にオススメです。

無酸素運動

筋肉量を効果的に増やすなら「無酸素運動」です。
有酸素運動が軽めの運動だったのに対し、無酸素運動は息が上がる激しい運動です。
しっかりと筋肉と体に負荷をかけ、短い時間のトレーニングでも筋肉量の増加が期待できます。

腕立て伏せなどの筋肉トレーニング全般や、スクワット、短距離走などが該当します。
運動神経に自信のある人や基礎代謝を早く上昇させたい人には無酸素運動がオススメです。

食事の見直し

食事を見直すことで激しい運動をしなくても基礎代謝が上がり、太りにくい体に近づきます。
筋トレの効果を活かすために、食事も意識してみましょう。

タンパク質

特に意識してたくさん摂りたい成分は筋肉の元になる「タンパク質」です。
ダイエットなどのときはどうしても野菜中心になりがちですが、大豆、魚、ささみなどの低カロリーの肉を食べてタンパク質を摂ることを心がけましょう。
タンパク質が不足すると筋肉が減ってしまい、基礎代謝の減少を招く恐れがあります。
せっかく鍛えた筋肉を無駄にしないためにも、バランスの良い食事をしましょう。

食べ方も工夫

食事のバランスが意識できたら、食事の仕方にも工夫をしてみましょう。
一日三食キチンと食べるのはもちろんですが、食事の時間帯にも注意が必要です。
体の血糖値が低下してくるタイミングで食事をとることで、食事のエネルギーが消費され太りにくくなります。

また、夜遅い時間帯にたくさん食べてしまうと、消化スピードと基礎代謝が低下しているのでエネルギーが消費しきれず、体内に蓄積されてしまいます。
特に炭水化物はエネルギー源としては優秀ですが、夜に多くとってしまうと体に蓄積されやすい栄養素です。
日中はたくさん食べてもいいですが、その分夜は控えめにしましょう。

おわりに

今回は太りにくい体を手に入れる方法について紹介しました。
簡単な運動と食事に気をつけるだけでも基礎体代謝は上がるので、意識してみましょう。
太りにくい体は意識するだけで簡単に実現できます。

The following two tabs change content below.
オトコの身体のつくりかた運営事務局

オトコの身体のつくりかた運営事務局

身体つくりに悩まれている方は、こちらで紹介する内容を参考にしてみませんか?みなさまの悩みが少しでも解消されると嬉しいです。